南アフリカ大使館の求人情報を入手出来る4つの情報源

南アフリカ大使館では、比較的頻繁に現地採用スタッフの募集を行っているようです。なかには年金・健康保険を補助するといった太っ腹の案件もあります。

 

求人情報を入手する方法は幾つかあります。このページは4つの情報ソースをお伝えしますので、こまめにチェックすることをオススメします。

 

公式サイト

南アフリカ大使館の求人情報は公式サイトにアクセスするとチェックすることが出来ます。

南アフリカ大使館の求人

トップページの目立つ位置でアナウンスされているので、すぐに気付くと思います。

 

ハローワーク飯田橋

国によっては現地採用スタッフの募集広告をハローワークに出していることがあるのですが、南アフリカもハローワークを利用しています。

 

通常大使館の求人というのは、品川のハローワークで扱われることが多いのですが、南アフリカ大使館の求人は飯田橋のハローワークが管轄となっています。

 

在日南アフリカ商工会議所

サイトのなかに求人情報を掲載する掲示板が設置されています。こういったところで大使館の採用情報が公開されることもあります。求職者が書き込むことも出来るので、『大使館で働きたい』と書いておくのもいいと思います。

 

投稿・閲覧するためには事務局長の許可が必要です。メールで申請するようになっていますので、まずはそちらからコンタクトを取ってみてください。

 

リクルートエージェント

大使館は現地採用スタッフを募集する時に、民間の転職エージェントを利用することがあります。南アフリカ大使館の場合、過去リクルートエージェントを利用していた実績があります。

 

転職エージェントに登録して、自分の希望の仕事内容を伝えておけば、条件にマッチする求人が発生したときに、すぐに教えてもらうことが出来ます。自分で情報を探し回る必要がないので便利です。

 

比較的チャンスはあるけど・・・

 

こういった感じで、南アフリカ大使館の求人は探しやすいですし、年に数回は募集がかかっているので、地道に待っていればチャンスは必ず出てきます。ただし、絶対的な求人数が少ないので、本当に働くことが出来るのかどうかは分かりません。

 

そういった意味では、大使館で働けるとしたらラッキー程度に考えて、働き先は別に考えるのが現実的です。

 

正確には、どこかで働きながら、求人が出たら応募、採用が決まったら転職という形になるでしょう。くれぐれも今の会社を辞めて、求人を探すといったことはしないようにしましょう。

 

無職だと雇用側の心証も悪くなります。転職活動は働きながらが鉄則です。

大使館の求人情報に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。

  • DODA

    Doda

    転職支援サービスが充実している会社。8大都市圏を中心に日本全国の求人をカバーしている。

  • type

    type

    団体職員や公務員、通訳・翻訳等、語学スキルを活かした職集に強い転職支援会社

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ