数少ないトルコ大使館の求人情報を見つけられる可能性がある3つの方法

トルコ大使館で現地採用スタッフの求人が発生する機会は少ないため、求人情報を探すのは簡単ではありません。

 

過去、採用情報が掲載されたメディアをお伝えしますので、定期的にチェックするようにしてください。

 

1:大使館公式サイトとFacebokページ

 

トルコ大使館は公式サイトとFacebookページを開設しています。アメリカ大使館やイギリス大使館のように専用の採用情報ページが設けられているわけではないので、求人枠が発生した時には、お知らせ欄に掲載されることになります。

 

トルコ大使館の求人

 

Facebookページの場合、タイムラインに投稿ということになります。Facebookページのほうは登録しておけば、投稿があるたびにリアルタイムで通知してくれるので便利です。

 

ただし、必ずしもFacebookページに投稿されるとは限らないので、公式サイトのチェックを欠かさないようにしてください。

 

 

2:Japan Times

 

大使館が人材を募集する時にはJapan Timesの求人広告を使うケースが少なくありません。大使館の求人情報を探す時には鉄板のメディアです。

 

トルコ大使館の求人については滅多にみないので、そもそも利用しているのかどうかも分からないのですが、数少ない貴重な情報源になりますので、忘れないようにしてください。

 

3:リクルートエージェント

 

国によっては、現地スタッフを募集する時に民間の転職エージェントに依頼することがあります。トルコ大使館の場合、過去、リクルートエージェントに依頼したことがあるようなので、今後も期待出来ます。

 

転職エージェントは、一度登録しておけば、自分の希望に合った求人が発生するたびに教えてくれるので便利です。

 

トルコ大使館で働くのは難しい

 

求人情報を入手する方法として考えられるのは、このぐらいです。冒頭でも触れましたが、絶対的な求人数が少ないので、働く機会を得るのは困難です。結果的に職に就けたとしても、それがいつになるのかは全く予測出来ません。

 

従って、現実的な話としては、どこかで働きながらチャンスを待つということになりますが、その時には、是非トルコと関係がある企業を狙ってください。

 

何らかの形でトルコと接点を持つ形で働くことが出来れば、それは大使館で働く時に活きてきます。転職活動の際にはPR材料となりますし、そもそもの話として、大使館よりも働きがいのある職場をみつけられるかもしれません。

 

トルコは成長著しい国なので、現地に進出する日系企業は増えています。民間企業の求人案件であれば、転職エージェントを活用すれば、希望条件に沿う仕事がみつかる可能性は大です。

 

ぜひ、こういった方向性も真剣に考えてみてください。

大使館の求人情報に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。

  • DODA

    Doda

    転職支援サービスが充実している会社。8大都市圏を中心に日本全国の求人をカバーしている。

  • type

    type

    団体職員や公務員、通訳・翻訳等、語学スキルを活かした職集に強い転職支援会社

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ