在日イスラエル大使館の求人情報を探すには、どうする?

在日イスラエル大使館の求人情報を探すのは、かなり難しいです。そもそもの前提として、滅多に求人が発生しないからです。インターン生の募集であれば、たまにあるようですが、それも稀。職員としての採用となると・・・

 

イスラエル大使館の求人

 

また、たまに求人枠が出たとしても、人づて(大使館職員スタッフの知人や取引先からの紹介等)で決まり、求人自体が表に出てこないケースが多いため、大使館との人脈を持っていないとキツイです。

 

正直なところ、よほどイスラエルという国に対するこだわりがあるのでなければ、アメリカやイギリス、フランスといった頻繁に求人が発生する国の大使館を狙ったほうがいいです。

 

もしくはイスラエルと取引関係にある日系企業(商社など)で働くことです。このほうがイスラエルという国と関わって仕事をするという意味では現実的です。

 

イスラエル大使館の求人情報の探し方

ここまでの話を前提として、もしイスラエル大使館の求人情報を探すということであれば、まずは公式メディアを全部チェックです。

 

●公式サイト

http://embassies.gov.il/tokyo/Pages/default.aspx

http://www.israel-keizai.org/

 

●公式Facebookページ

https://www.facebook.com/IsraelinJapan

 

●公式Twitter

https://twitter.com/IsraelinJapan

 

職員募集がかかる場合、こういった公式メディアでアナウンスされる可能性があるので、要チェックです。Facebookページ、Twitterに登録しておけば、アナウンスが投稿された時、自動的に通知が届くので便利です。

 

見逃すリスクもなくなるので、ひとまず登録しておくことをオススメします。Facebook、Twitterを押さえておけば、公式サイトは気にしなくても大丈夫です。

 

これらの公式メディア以外で押さえておきたいサイトとしては、PARTNERがあります。http://partner.jica.go.jp/PartnerHome

 

JICAが運営する国際協力に関する情報ポータルサイトですが、国際機関やNGO団体の求人情報が掲載されているページがあります。そのなかに、たま各国大使館の求人情報が載っていることがあります。

 

イスラエル大使館の求人情報と出会う確率は極めて低いのですが、貴重な情報源の一つであることには変わりがないので、頭に入れておきましょう。あとは、ベタですがJapan Timesぐらいです。やはり厳しいです。

大使館の求人情報に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。

  • DODA

    Doda

    転職支援サービスが充実している会社。8大都市圏を中心に日本全国の求人をカバーしている。

  • type

    type

    団体職員や公務員、通訳・翻訳等、語学スキルを活かした職集に強い転職支援会社

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ