台湾大使館(台北駐日経済文化代表処)の求人情報を入手する方法

このページでは台湾大使館の求人情報を入手する方法について、まとめていますが、その前に基本情報です。

 

正確には台湾大使館というものは存在しません。国際社会において、台湾は独立国として承認されていません。あくまでも中国の一部とみなされています。それは日本も同様です。

 

大使館というのは、国を代表するものなので、中国大使館が台湾も含めた中国という国家の代表機関ということになります。

 

そのため、台湾では大使館という名称を使うことが出来ず、その代わりに台北駐日経済文化代表処という機関を設置しています。ややこしい話ですが、『台湾 大使館 求人』といった感じでインターネットで調べても、求人情報は出てこないので要注意です。

 

台北駐日経済文化代表処は、不定期ですが、現地採用スタッフの求人を行っており、その場合、採用情報が公式サイト内でリリースされます。

 

台湾大使館求人

 

尚、台北駐日経済文化代表処は大阪、福岡、横浜、札幌、那覇に事務所を(弁事処、分処)構えており、そちらで求人がかかることがあります。

 

台北駐日経済文化代表処求人

 

下記の画像は昨年、掲載された職員募集のニュースリリースです。事務所ごとに専用サイトがあり、そのなかで採用情報が公開されることがありますので、併せて要チェックです。

 

 

民間の転職エージェントを利用する

 

なかには、現地採用スタッフの募集を民間の転職エージェント、人材紹介会社に依頼する大使館もあります。

 

大使館関連の求人情報を扱っている代表的なエージェントがリクルートエージェント、DODA、type、en転職コンサルタントなのですが、台北駐日経済文化代表処の場合、過去に取り扱い実績があるのは、リクルートエージェントだけのようです。

 

また、品川のハローワークで大使館の求人情報が公開されていることがあるのですが、こちらも台北駐日経済文化代表処の現地採用求人については、扱ってはいないようです。

 

公式サイトが一番の情報源になるので、まずはそちらをチェックすべきですが、同時にリクルートエージェントに登録しておいて、求人が発生した時に連絡をしてもらうという形するのも良い選択肢です。

 

大使館のなかでは、比較的現地採用スタッフの募集頻度が高いので、粘り強く待っていれば、働くチャンスは出てくるのではと思います。

大使館の求人情報に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。

  • DODA

    Doda

    転職支援サービスが充実している会社。8大都市圏を中心に日本全国の求人をカバーしている。

  • type

    type

    団体職員や公務員、通訳・翻訳等、語学スキルを活かした職集に強い転職支援会社

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ