コロンビア大使館の求人情報を得るには?

コロンビア大使館で働きたくて求人情報を探しているということで、このページにアクセスされたのであれば、残念ながらご期待に応えることは出来そうにありません。

 

コロンビア大使館求人

 

当サイトでは、国別に大使館・領事館の求人情報の入手方法についてまとめていますが、コロンビア大使館については、情報源が全く分かりません。

 

大使館関連の求人情報を探す時の鉄板であるJapan Timesでも掲載実績を確認することが出来ませんし、コロンビア大使館の公式サイトに採用情報が公開されているといったこともないようです。

 

また、アメリカやイギリス等、国によっては民間の転職エージェントやハローワークが大使館の求人案件を扱っていることがありますが、コロンビアの場合、それも無さそうです。

 

もしかしたら、管理人が見過ごしていただけで、実際には掲載されていたことや、今後掲載されることがあるのかもしれませんが、その可能性は限りなく低いと考えたほうがいいでしょう。

 

耳障りの悪い話になってしまいますが、これが現実です。

 

人伝手で広まる可能性がある

ちなみに、これは一つの参考情報としてお読み頂きたいのですが、大使館のなかには現地職員の採用情報を一般的に公開しないところが多々あります。職員数が少ない国ほど、その傾向があります。

 

そういった国の場合、求人が発生したとしても、欠員が1名出たといった程度で、大々的に募集する必要性がないからです。(求人広告を出すのにも費用がかかりますし、何かと準備に手間がかかります。)

 

では、仮にそういった国の大使館が現地職員を募集する時にどうするのかといえば、人づてです。大使館職員やその家族の知人・友人に声をかけて適当な人を探してもらいます。

 

あるいは取引先の会社などに紹介してもらうといった感じです。(日本人にとってマイナーな言語の場合、語学スクールに声を掛けて生徒さんを紹介してもらうといったこともあるようです。)

 

一人ぐらいであれば、これで十分だったりします。ですから、こうやって何とか大使館つながりの知り合いを作ることが出来れば、求人情報が得られる可能性があります。

 

コロンビアつながりで仕事をする

ただし、こうやってコロンビア大使館とのつながりを持てたとしても、恐らく求人が発生する機会自体が少ないので、働くチャンスを得るのは難しいはずです。

 

そのため、現実的にはコロンビアに進出している日系企業で働くといったことが現実的な選択肢になってきます。あるいは違う国の大使館でチャンスを狙うといった感じでしょうか。

 

こうやって就職先の間口を広げることが重要かなと思います。

大使館の求人情報に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。

  • DODA

    Doda

    転職支援サービスが充実している会社。8大都市圏を中心に日本全国の求人をカバーしている。

  • type

    type

    団体職員や公務員、通訳・翻訳等、語学スキルを活かした職集に強い転職支援会社

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ