スウェーデン大使館の求人情報を入手するときにチェックすべきメディア7選

スウェーデン大使館の求人情報を入手出来る媒体が幾つかあるので、リストアップしてみます。

 

大使館公式メディア

スウェーデン大使館は公式サイト、Facebookページ、Twitterアカウントを所有しています。これらのメディアで採用情報が掲載されることもあるので、まずはこれらのメディアを押さえておきましょう。

 

Facebookページ、Twitterはフォロー登録しておけば、記事が配信された時に、自動的に通知がくるので便利です。

 

サイトについては、『ニュース&イベント』欄を定期的にチェックするようにしてください。

 

 

また、スウェーデン大使館商務部が独自サイトを持っており、そちらも良い情報源となります。
http://www.isatokyo.org/opportunity_sweden/

 

NORDIC Job Board

在日スウェーデン商工会議所が運営する、スウェーデン企業の求人情報をまとめて公開しているサイト。このなかで大使館絡みの求人が掲載されることもあります。

 

民間の転職エージェント

スウェーデン大使館の求人情報を日系の民間転職エージェントが扱っていることがあります。

 

リクルートエージェント、enジャパンコンサルタントの2社は、過去に何度か取り扱っている実績があるので、要チェックです。転職エージェントは登録しておけば、希望する求人案件が発生した時に教えてもらえるので、登録しておくことをオススメします。

 

 

地道に待つことが重要

 

スウェーデン大使館の現地採用スタッフの枠は、それほど多くはないので、そう頻繁に求人がかかるわけではありません。地道に空きが出ることを待つ必要があります。

 

本当にいつ求人が発生するのか分からないので、どこかで働きながらチャンスを待つというのが現実的な選択肢になってくると思います。

 

その時、せっかくならスウェーデン企業、あるいは日系企業でスウェーデン企業と取引関係にあるところで働いてみてはどうでしょうか。

 

上記のNORDIC Job Boardで在日スウェーデン企業の求人情報を把握出来ますし、日系企業の求人に関しては転職エージェントに相談すれば、幾らでも教えてもらえます。

 

大使館で仕事を得るよりも、よほど可能性がありますし、もしかしたら、一般企業で理想通りの仕事に就けるかもしれません。ぜひ、こういった可能性も探ってみてください。

大使館の求人情報に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。

  • DODA

    Doda

    転職支援サービスが充実している会社。8大都市圏を中心に日本全国の求人をカバーしている。

  • type

    type

    団体職員や公務員、通訳・翻訳等、語学スキルを活かした職集に強い転職支援会社

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ