大使館で通訳の求人をみつけるのは難しい

大使館の求人で通訳というのは、実は殆ど存在しません。最もありそうな職種のように思えるかもしれませんが、現地採用で通訳者を雇うことは滅多にありません。

 

本国で採用するか、もしくは通訳エージェント経由で雇用するかどちらからです。通訳というのは重要なポジションなので、直接採用を行うというケースは少ないのが実情です。

 

大使館の通訳求人

 

現地採用スタッフとして募集がかかるのは、受付・事務、料理人、庭師、運転手といった職種に加えて、その国の企業の日本進出をサポートする営業・マーケティング・PR担当者です。

 

通訳・翻訳というのは需要が少ない職種なので、注意してください。

 

どうしても、通訳として働きたいというのであれば、通訳エージェントに登録して、チャンスを待つことです。

 

日本においてマイナーな言語であれば、その言葉を習うことが出来る語学スクールに通えば、スクールのつてで仕事を紹介してもらえる可能性もあります。

 

大使館登録通訳者をご存じですか?

 

各国の大使館では、在留者に対して通訳サービスを提供出来る通訳者を紹介するサービスを行っているところがあります。

 

こんな感じです。

http://www.us.emb-japan.go.jp/j/lawyer_interpreter_tashu_tsuyaku.htm

 

日本大使館の場合、通訳者の素性や能力を念入りにチェックしたり、登録者に仕事を斡旋するといったことはしていないようですが、国によっては、もっと積極的に仲介しているところもあります。

 

たとえば、英国大使館の商務部では、登録通訳者に対して、訪日する英国企業の社員に同行する通訳の仕事を紹介しています。直接大使館で働くといったこととは違いますが、こんな制度もあるということで、参考までにお伝えしておきます。

 

どうすれば、登録通訳者になれるのかというのは、国によって様々なので、直接問い合わせてみてください。

 

ちなみに、通訳経験がない人が登録するのは、基本的には厳しいのですが、同時通訳のトレーニングをスクールに通って今現在受けているという人だと、高く評価されて採用されることもあるようです。

 

逆にTOEICや英検といった資格テストは、それほど評価の対象にならないようです。

大使館の求人情報に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。

  • DODA

    Doda

    転職支援サービスが充実している会社。8大都市圏を中心に日本全国の求人をカバーしている。

  • type

    type

    団体職員や公務員、通訳・翻訳等、語学スキルを活かした職集に強い転職支援会社

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ